悩み

【あなただけじゃない】体重が増えないことに悩んでいる女性は多い!

体重が増えないことで悩んでいる

体重が増えないことを悩んでいるのはあなただけではありません。

食べても体重が増えないし、がりがりな自分が嫌でなんとかしたい。
そう思う女性は実は少なくありません。

友達に相談しようと思っても、「なにそれ、嫌み?」と言われそうで怖い。

本気で悩んでいるのにわかってもらえない。
食べても食べても太れない。体重が増えない。。

ここを見てるあなたはきっとそんな思いがあるのではないでしょうか。

体重が増えないのは原因があります。
ここでは、その原因と改善方法について紹介していきます。

体重が増えない原因

体重が増えない原因とは

体重が増えない原因はいくつかあります。
この中にあなたが当てはまるものはないでしょうか。

  • 太れない病気にかかっている
  • 食欲がない
  • 体温が低い
  • 胃腸が弱い

この4点が主な原因になります。
これらについて詳しく紹介していきます。

体重が増えない病気にかかっている

体重が増えない病気にかかっている

病気で体重が増えないという可能性は低いですが、確かにあります。

太れないとされる病気には以下のようなものがあります。

体重が増えにくい病気

  • バセドウ病
  • 糖尿病
  • ガン

これらの病気にかかっている場合、体重が増えにくいです。

バセドウ病

バセドウ病とは自分のからだの一部と反応する物質ができて、それをやっつけようとして生じる病気です。自己免疫疾患と考えられています。

バセドウ病にかかると必要以上にホルモンが過剰に分泌されて代謝が高くなります。
結果として、食べても食べても痩せていってしまう症状がでることがあります。

バセドウ病にかんする詳細はこちら↓
参照:総合南東北病院

糖尿病

糖尿病は食事をしても、エネルギー(糖分)が身体に吸収されず、体外に排出されていく病気です。

食べても食べても、身体に吸収されにくいので、太りにくいです。

また、痩せ体質に悩んでいる方が無理に暴飲暴食をすると、将来糖尿病にかかりやすいので注意が必要です。

ガン

ガンは身体に悪性の腫瘍ができる病気です。

胃がんや大腸がんの場合、食欲がなくなっていったり、体重が急に落ちたりする症状がでることがあります。

普段通りの食事や運動をしているのに、急に体重が減った場合などは疑うことが必要かもしれません。

 

ここで挙げた病気や症状に関しては、あくまで一例です。
体重が増えないからといって必ず病気にかかっているということではありません。

あくまで可能性があるということだけ覚えておきましょう。

食欲がない

食欲がない

そもそも食欲がない場合、食事をしないと体重は増えません。
自分では食べたつもりでも、全然足りていないということも考えられます。

食欲がないのにも理由があります。

食欲がない理由

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 更年期
  • 生理

これらの原因が考えられます。

当てはまるものはあるでしょうか。

ストレス

食欲不振の一番の原因はストレスです。

職場で嫌なことがあった。心配事が解決しない。など生きていくうえで必ずストレスがかかります。

そのストレスをうまく発散できないと食欲不振になってしまうことがあります。

ストレスは溜めずにこまめに発散することが大事です。
自分なりのストレス発散方法を決めておきましょう。

生活習慣の乱れ

運動不足や、睡眠不足などの生活習慣が乱れていると食欲不振にもつながります。

運動することでエネルギーを消費するので、運動しないと食事による栄養補給の必要がなくなって、食欲もなくなってしまいます。

また、睡眠不足も天敵です。

睡眠不足は自律神経が乱れる原因になります。

自律神経が乱れると、食欲がなくなるだけでなくストレスが溜まりやすくなったり、悪いことが重なります。

しっかりと睡眠をとって、しっかりと運動をする事がやはり大事になってきますね。

更年期

更年期は40代半ばごろから女性におこる症状です。

女性ホルモンの分泌量が減ることによっておこる体調の変化なので、誰にでもおこります。

更年期によって、食欲不振になって体重が激減してしまった!というのも珍しくありません。

生理

女性特有の症状として、生理中は食欲が落ちてなにも食べたくない!そんな時もありますよね。

これはどうしようもありません。

食欲がない場合の対処法

食欲がない場合の対処法

食欲がないからといって、何も食べないというのはオススメできません。

体重はどんどん減っていく一方です。

食欲がない場合

  • 少量で栄養価が高い食事を食べる(野菜や玄米など)
  • 消化の良いものを食べる
  • 複数回に分けて食事をとるようにする

これらを意識して食事をするようにしましょう。

1回の食事の量を減らしたり、少量でもしっかりと栄養があるものを食べる。

これだけを意識するだけでもずいぶんと楽になります。

「太りたいから食べなきゃ!」そう思うことがストレスになり、食欲不振につながることもあります。

まずは焦らずリラックスしましょう。

体温が低い

体温が低い

自分の平熱って知っていますか?
日本人の健康的な人の平熱が36.6~37.2℃と言われています。

これを聞いて、「え、高くない?」そう思ったのであれば少し体温が低めなのかもしれません。

35℃台など、体温が低いと免疫力が下がっていたり、胃腸の働きが悪く体重が増えにくい体質になってしまっています。

体温が低い人の改善方法

体温が低い場合、多くが筋肉量が少ないということです。

筋トレをするのも良いですが、まずは1日30分ウォーキングをすることから始めましょう。

1回で30分じゃなくても、1回15分を2回するなどでも構いません。

毎日続けることが重要です。

また、毎朝白湯を飲んで身体を内側から温めたり、ストレスによる体温低下を防ぐためにGABA(ギャバ)を多く含む食べ物を食べるのも効果的です。

胃腸が弱い

胃腸が弱い

食べても太れない!体重が増えない!そんな人に一番当てはまるのが胃腸が弱っているということです。

胃腸が弱いので食べても身体に吸収されないので、どんどん体重が落ちていく。

当てはまることがありませんか?

  • 食べるとすぐにお腹が痛くなる
  • ちょっと食べると胸やけがする
  • 手足やお腹が冷える
  • すぐに下痢になる
  • よく風邪をひく
  • 食べてるのに太れない

これらに当てはまるのであれば、胃腸が弱っていることを疑いましょう。

胃腸が弱っている原因

胃腸が弱っている原因はいくつもあります。

胃腸が弱い原因

  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 加齢
  • 生まれつき

上記で紹介している内容とかぶるものありますが、これらが主に胃腸が弱い原因となります。

胃腸が弱っていると、どれだけ食事をしても太ることができないしムダです。

健康的に体重を増やしたいのであれば、まずは胃腸の改善からしていきましょう。

胃腸を改善するためには

胃腸を強くするためには

胃腸が弱いとたべた栄養をしっかりと吸収できないので、体重が増えない原因になります。

これを改善するためには胃腸を強くする必要があります。

胃腸を強くするためには

  • よく噛む
  • 白湯を飲む
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを減らす
  • サプリで吸収力を高める

これらの方法で胃腸を強くすることができます。

まずは簡単にできるよく噛んで白湯を飲むことから始めましょう。

よく噛むことで唾液の分泌を促して、白湯で胃腸を温める。
これだけでもだいぶ変わってきます。

これらをしても改善できない場合は、サプリメントで吸収力を上げるのがオススメです。

太るために必要な栄養素や、オススメのサプリはこちらで紹介しています。
おすすめの太るサプリメントを紹介中!